内臓脂肪の測定方法と病院選び

燃焼!内臓脂肪を減らす方法

内臓脂肪の測定方法と病院選び

.

自分でできる測定方法

メジャー

内臓脂肪の測定方法として正確に内臓脂肪を測定するには、CT装置を使用しなければ分かりませんが、自分でできる簡単に測定方法として腹囲を測るという測定方法があります。男性の場合は腹囲が85cm以上、女性の場合が90cm以上あれば内臓脂肪が過剰であると判断できます。女性の方が腹囲基準が高いのは、女性には皮下脂肪がつきやすいからです。腹囲基準は体格や体の特徴によって国によっても異なります。測定方法は、おへその高さで、お腹に力を入れず、軽く呼吸をしながら測る。メジャーは伸縮性のないものを使用、腹囲の前後が水平になるように、メジャーが腹部にくい込まないように注意。また、空腹時に測定するようにしましょう。しかし、正確な内臓脂肪量を計測するには、CT装置が整った病院選びをした上で、計測してもらうことが必要です。


ページのトップへ ▲

測定方法による病院選び

病院

内臓脂肪の正確な測定方法は、病院においてX線CT装置を使って測定する方法が一般的です。他には内臓脂肪の測定方法としては、MRI法、超音波法などの測定方法があります。精度や安全性において最も信頼できるのはMRI法ですが、検査費用や撮影時間などが問題点となるようで、また、MRI法は普及率の問題でどこの病院でもできるわけではなくこの測定方法を使用する病院選びは難しいでしょう。超音波法は、安全で経済的、検査時間も短く、普及率も高いので病院選びはそう難しくありませんが、精度面に問題があるといわれています。やはりこの測定方法での病院選びは簡単ではないでしょう。よって内臓脂肪の一般的な測定方法は、CT装置を使用した方法です。CT装置を使用した内臓脂肪の測定方法は、おへその位置で断面写真を撮影します。横断面スライスでの内臓脂肪面積が、内臓脂肪全体を反映していることが明らかになっていて、この断面での内臓脂肪面積値の計測で内臓脂肪を測定します。


ページのトップへ ▲

安心感を持って検査できる病院選び

血液検査

内臓脂肪の測定方法として、内臓脂肪ドックを行っている病院選びをするといいでしょう。メタボリックシンドロームが注目され、関心が高まっている今、内臓脂肪を対象とした内臓脂肪ドックを行う病院も出てきました。内臓脂肪ドックは、内臓脂肪が測定できるCT装置での内臓脂肪の測定の他、血液検査や血圧測定などを行い、メタボリックシンドロームの診断も行ってくれます。さらに、生活習慣に合わせた健康管理のアドバイスをしながら、保健師や管理栄養士がサポートしてくれます。病院によっては動脈硬化ドックなどを行っているところもあります。内臓脂肪に関心の高い病院も増えてきています。病院選びもそう難しくはないでしょう。しかし、内容や金額は病院によって異なりますので、自分の希望する内容かどうかを確認して、しっかり相談にのってくれる病院選び、安心して検査を受けられる病院選びをしましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | 内臓脂肪とは?(内臓脂肪って何?) | たまる原因は | 効果的な減らし方 | 皮下脂肪との違いは | 内臓脂肪型肥満とは | アディポネクチン | ダイエット方法 | 燃焼する方法 | 減らす食事・料理・レシピ | 落とし方にはコツがある? | 筋肉トレーニング | あなたのレベルをチェック | 体脂肪率と内臓脂肪率 | 内臓脂肪を減らす薬選び | メタボリックシンドローム | 測定方法と病院選び | CT測定と検査料 | 面積測定方法 | 内臓脂肪を落とす漢方薬 | ダイエットサプリメント | 標準的内臓脂肪率高い方の症状漢方薬トレーニング法食事で落とすダイエット内臓脂肪を取る減らす食べ物運動レシピサプリメントお茶確実に除去内臓脂肪を改善運動で燃焼体重計落とし方燃焼サプリメント対策方法検査方法内臓脂肪とコレステロールの関係肝臓の病気お酒が増やす?

Copyright (C) 燃焼!内臓脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.